イベント日記

知られざるトルコ展

Photo 今現在開催中の写真展at 田辺
先週搬入したのだが、前会場である串本海中公園マリンパビリオンと比べ、展示スペースは小さめ。
しかしながら、ギャラリーとして照明等の用意もしっかりしているので、じっくり細部まで見ていただけるようになっている。この写真展は、2009年から2011年にかけてトルコ南西部を訪れ撮影してきた写真群を、小さいサイズでA1、大きいサイズは幅が3.3mにプリントアウト。
この展示でご紹介しているトルコの南西部はヨーロッパからのリゾート地として急速に発達してきている場所で、冬の人口が夏には10倍に膨れ上がるという。ところが日本では全くと言っていいほど知られていないエリアなのだ。
観光地として成功しているこのあたりの例は、きっと紀南や、多くの日本の観光地のあり方に 「こういうのもありか」 という見方もしていただけると思います。
またダイビングスポットとしての魅力も侮れません。
白浜と同じような街に、なんと大きなダイビングサービスが26軒。これがヨーロッパからの観光客ですごく賑わっています!

JR田辺駅前「ギャラリー駅前」にて好評開催中!12月7日までです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展 at 龍神村

Gworks1 和歌山県龍神村のGworksというところでプチ個展をやってます!展示点数は20点とこじんまりですが、巨大な3mオーバーのパノラマサンゴ群落やオルカのナミちゃんが「ガオーー」って口を開けた写真...A3伸びプリントなど結構迫力があるかと思っております。

ここ龍神にアトリエの家を借りている関係上、地元の人たちにこんな人が来たよってお伝え目的で開催しました。

会場にはプラズマディスプレイでの映像展示も行なっています。

この地元の人たちにとって見覚えのある作品群から,代表的なものを小さいサイズで買いやすいようにフレームインしての販売もしています。

この和歌山の紀南地区でもっとも購読者数の多い紀伊民報で,約5年にわたって毎週末土曜日最終面カラーで連載していた「海の中の愛」...連載200回。

その掲載写真の中から12点をキャビネ版にてプリントアウト。

このマイステージという場所を今月末まで占有してやっていますが、会期終了後も自分の販売スペースをお借りできるようです。

Gworks2 左の写真のようにG worksでは木工製品や陶器、工芸品など様々なアーティストの手によるものが目の前に所狭しと置かれています。

入場無料だし、龍神温泉に浸かりに来た際には是非お立ち寄りください!

なお別の予告となりますが、4月10日~11月まで串本海中公園マリンパビリオン内で特別展「知られざるトルコ」を開催することが決定しました。

こちらの正式な記述は後日行ないます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

減圧症セミナーin関西

1h3x0822 12月10日(土)関西初の一般ダイバー向け減圧症を防ぐため&もしかかったら、あるいは罹患者の体験談を中心としたセミナーが行なわれた。

メイン講師の山見先生は減圧症患者と向き合い、ずっと治療方法を模索してきた方だ。

幸い僕自身は減圧症に苦しめられた経験はないのだけれど、周囲のダイビングガイドやカメラマン仲間達の中にはかなり苦しめられ、この仕事から離れていった人たちも数多くみてきた。今のレジャーダイバーは女性の比率が増え、危険性も増加している。その肺活量の小ささから同じタンクサイズなら、より長く潜ることができ、減圧停止指示が出るのが当たり前という人も見かける。男女ともカメラ派ダイバーのダイビングスタイルが、ダイブコンピューターの普及に伴って大きく変わってきたといえる。

いろいろ聞いているとベテランといわれるダイバーほど本人が気がつかないうちに危ない領域に入っているケースを数多く見、これではまずいと「だいこんダイバー!?」という本を二年前に書いた。(この本はアマゾンなどでも取り扱われてます)

1h3x0838 今回告知により100名を集める予定で動いてきたのだが、ほぼ満員御礼となった。主催者はWebでの名前がクサハゼさんこと中澤さん率いる減圧症罹患者たちが中心となったメーリングリストメンバーが主軸。 僕は単にその集客のお手伝いをしたに過ぎない。

今回の内容は事前に学習していただいておかないと解りにくい部分もあったかもしれないが、事後アンケートをみると多くの人がかなり真剣に聞き耳を立ててくれたといえる。

関西エリアでは、もしも減圧症にかかったら希望どおりのチャンバーを使った治療を受けられる病院が皆無に等しいこと、意外とインストラクターやガイドにも知られてないんです。

山見先生と冗談ぽく言ってましたが、「離島ダイビングみたいだね」と・・・

ゆえに「かかったらどうする」よりも「かからないためにどうする」のほうが重要だと思います

次回はインストラクターやガイドを対象としたセミナーを3月15日(木)(仮予定)で開催予定。多くのプロダイバーに聞いてほしい内容です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにわの海の時空館イベント最終日

Img_1362a 大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」特別展示

「エルトゥールル号の記憶」

本日最終日、先週に引き続き、非常に多くの方々にギャラリーツアーへ御参加をいただきました。お聞きになられている方々はみな真剣で、質問も多数いただきました。このプロジェクトに参加させていただいて本当に良かったと思っていますし、今後のトルコと日本の友好関係に少しでも寄与できたのではとも思っています。 このエルトゥールル号の展示を通じていろんな方々から励ましのメールやいろんな御意見をいただいたわけですが、感謝感激です。

今日嬉しかったのは、昔お取引があって、この展示のことを知られ、わざわざこの会場に足を運ばせてくれた方がいらっしゃいまして、これを使ってくださいと物品でのサポートをいただきました。 僕たち潜る稼業の人間なら必ずお世話になっているウエイト。いわゆる鉛なのですが、カメラブリンプやハウジングの浮力調節にも必ず必要になるし、ありがたい話です。日光社工業さんありがとうございます!

今回の展示で改めて感じたのが人の和。(輪)縁。繋がり。この展示がなぜ開催できているか?すべて点と点が繋がって、人の繋がりがあって出来てきたことなのです。

まずはTufanという海洋考古学者との縁。ここから繋がっているのが、とんでもない繋がりに発展しています。これをサポートする串本町の町長は僕の大学の一年先輩だし、和歌山県知事の仁坂さんには数年前ブルネイの写真展の際、非常にお世話になっていました。今回のトルコでの3ヶ所での展示には、このお二方の御協力があったからこそ実現している部分もあります。さらに時空館展示に当たって、2007年に「生き生き地球館」展示でお世話になった館長が、1890年に救出されたトルコ人たちを本国に送り届けた日本の軍艦「金剛」「比叡」の乗組員だった方の末裔だったり。  コカ・コーラとのつながりも不思議。

和歌山市議会の方々にもずいぶん応援、エールをいただきました!

友人の企業スナダ建設さんや、玉置商事、和歌山串本のダイビングサービスさん

サポートいただいたPanasonic、キヤノン、トルコ共和国大使館、ワールドダイブ。全部繋がってまして驚き!

Img_1360a 我ながら振り返ると「へーーー」って連続なのです。さらにさまざまな繋がりが最近出てきてまして、これはまたの機会にお知らせしますが、本当に縁というものを感じますね。

来年はこのエルトゥールル号の展示、和歌山県立博物館と串本海中公園からのオファーが入ってます。さらにスペインでも・・・

10月4日から11月6日までの会期中、多くの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。今後もがんばって行きますので応援のほどよろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のギャラリートーク

1h3x9714 毎週末に行なっている「なにわの海の時空館特別企画展示」「エルトゥールル号の記憶展」この館内ギャラリートークも今回が三日目。前回少し少なかったけど再び多くの方々に来ていただけた。皆さんありがとうございました。

僕のほうもだんだん調子付いてきたようで、皆さんの笑いを取ったり、やり取りの回数が増えてきた気がしてます。

老若男女いろんな年代の方がお見えになっていただいてるのですが、共通してこのエルトゥールル号の座礁沈没事故について御存知なようで、地下鉄車内や、駅のポスター、チラシなどで知ったと言う方が多かったように思います。あと会期中日曜二回、合計4回のギャラリートークを開催する予定ですが、さらなる話術に磨きをかけてお待ちしております。1h3x9726

広い会場内で声が届くようにがんばってますよ!マイクがなくても肉声で何とかお聞きいただけるようにがんばってます。

ところで海の時空館は今、コスプレの方々も多数来場しています。アニメキャラに会場内で変身!その近未来的な会場景観が受けているようです。この日のギャラリートークに向かう途中も、海底トンネル内で撮影している女性陣がいました。おのおのがポーズの注文つけたり、結構見てて面白かったので「ねえねえ撮っていいかな?」と声をかけて撮ったのがこの写真。

1h3x9701 左手前の女の子はブルース・リーなんでしょうかね?

みんな真剣なのだ。聞けばなかなかコスプレして撮影できる場所が減ってきているそうで、このコスモスクエア周辺がマニアな子達の絶好の撮影場所になっているとか・・・

ガラガラとキャスターバッグを引いて駅から降りて、この館内で着替えてキャラになりきるのを楽しんでいるそうだ。

トイレを占有してしまうケースもあることから、「なにわの海の時空館」ではわざわざ着替える部屋も用意して開放しているそうです。案外こんな子達はすごくシャイな部分があったりして、「ちょっと撮ってみてもいいかな」と聞いてみたら真っ赤になる子もいました。

ブルース・リーやシャア・アズナブルはそのままは電車に乗らず、ちゃんと着替えてから普通の女の子に戻って帰宅するようです。僕達の企画展ももちろんじっくりみてほしいのですが、彼女達の真剣さも見てみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラリートーク

1h3x9661 今現在開催中の、大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」イベントで毎週日曜日午後1時からと3時から、30分程度のギャラリートークを開催しています。

明治時代に沈んだトルコ軍艦の引き揚げプロジェクト関連のお話がメインだが、入口に掲げられている作品群の説明も行なっている。

「ほー、へー」って感じで聞き入っていただけるとやる側のこっちも力が入る。多くの方々に知っていただきたいこの「エルトゥールル号の記憶展」中身は本当に濃いものになっていると、自画自賛ですが自己評価点は高いです。

一般来場者にとって、興味を持たれるかどうかが重要ですが、ちょっと疑問符がついているのも事実。

その展示方法で日本語と英語のキャプションがあるのですが、原文を書いたのがトルコ人ということで、文章を見ただけでは理解しにくい部分があるため、ギャラリートークではそれを補足説明させていただく形式に今のところしています。たぶん疑問点や突込みどころ満載だと思うので次回以降ぜひ来場者とのやりとりも増やしたいなあと思ってます。

1h3x9675 会場が広いので移動しながら話してるのですが、あっという間に過ぎてしまう30分。気がつけば35分から40分やってしまってるのが過去4回。毎週末 日曜午後からやってまして、あと合計6回やらないとね。

次回以降お越しいただく方々には、より面白くなるようにいっそうの努力をしますので乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪アウトドアフェスティバル2011

Dscn0433 大震災中に行われている大阪アウトドアフェスティバル。

今回お世話になっているトルコ大使館の依頼でブース内のプラズマディスプレイでのスライドショー&ステージイベントのトークショーに参加している。どんどん情報が入ってくる被災地に何ができるのか?阪神大震災時もそうだけど水や食料

を運ぶボランティアも確かに必要でしょう。前回僕も神戸までバイクで行きました。しかしながら最も現地の人たちに必要な支援は僕は現金だと思うのです。

どういうルートで現地のだれに渡されるのかはわかりませんが、とりあえず現地では間違いなく復旧のための予算が必要です。明日トルコ大使館のアトマジャ参事官に募金箱の設置を提言してみます。

僕の写真展でちょっとでもいいなと思われた方はたとえ5円でも募金箱に入れてください。

また、楽曲は発売前の友人岡本さんのニューアルバムから出しています。これも岡本さんの事務所の協力があってできているのです。中東戦争時トルコは大きな手伝いをしてくれました!

Dscn0442 トルコ大使館は間違いなく救援活動に協力してくれるはずです。

明日は僕もまた会場入りするのですが、そんな話をできるだけ多くの人にするつもりです。

親日家として知られるトルコ大使館のアトマジャ参事官に是非会いにきてください!

いい人ですよ!

Dscn0445 写真はトークショーイベントの様子。

明日も頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪アウトドアフェスティバル2011

Image000029 今年で18回目になる大阪アウトドアフェスティバル

過去に2度ほどステージイベントで呼ばれて行ったイベントである。

今年はちょっと趣が違って、トルコ大使館から打診があって参加することになった。なんでもトルコ観光局がブースを設けるので写真を出してくれないかということだったのです。

本当は映像でトルコの魅力をお見せすべきかもしれませんが、3D映像はこの5月以降に撮影に行く予定。したがって過去二年で撮りためてきたトルコの魅力をBLに納めた高画質スライドショーでお楽しみいただきます。楽曲はなんと友人の岡本博文さんのニューアルバムの中から3曲ほどが聞けます。これはRAGミュージックさんのご好意で実現しました!

結構いい感じなのですよ、このコラボが・・・

Image000034 トルコ大使館ブースではPanasonicさんのご協力で大型モニターを設置。12日(土)13:15からはメインステージイベントで僕が登場します!トルコで見てきたこと、トルコで行なわれている水中考古学の面白さ、なぜ親日家が多いのかなんてことも話してみようと思ってます!

このステージはリアプロジェクションで大画面で見ていただきますが、プラズマとどう違うのかの比較もできますよ。

ダイビングはこのイベントには不参加だけど、アウトドアスポーツやアウトドアカルチャー、アウトレット、キャンピングカーなど盛りだくさん!

ぜひ遊びにいらしてください!家族で一日遊べますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上方水中映像祭り

1676925551_199 上方水中映像祭りに参加してきた。

いやあこのパワーすごいですね。海遊館ホールが一部二部とも立ち見が出るほどいっぱい。出展内容が本当に濃い。作品がどの参加者のものも面白い。自分たちが楽しんで作ってるよなあってほとほと感心しまくり。

それでいてこれを見に来る人たちがみんな楽しんでるんだわ。僕自身はステージイベント以外にPanasonicさんと(株)シーマさんのご協力で65インチプラズマディスプレイで3D映像を見ていただいた。海遊館の入場者が出てくる出口の真正面だったので、ホール入場者以外の人にもずいぶん見ていただいた。

子供がやっぱり3Dは素直に反応するね!

そして改めて思ったことは動員数のすごさが幹事団の動きのすばらしさを物語っているということ。

それとステージイベントでは昔の僕が撮ったイルカクジラ君たちにご登場いただいたわけだが、それぞれが思い出深いものばかり。マイルカとハシナガのハーフであろう「ティコ」は週刊朝日ゲラビアで登場させたし、ニュースソースで使って、鳥取の夢みなと博のメインパビリオン映像で使われた。これは円谷映像とフジクリエイティブとの合作。ボラボラのザトウはダイビングワールド。マッコウクジラの生まれたては週刊朝日巻頭グラビア。潮岬のイルカは朝日新聞一面五段抜き。それを思い出しながら考えたのは、Webという媒体の影響力の大きさ。以前いろんな媒体で出してたのは紙媒体や放送媒体がほとんどで、これは買ってみた人以外にはほとんど情報として伝わらない。ところが今やちょっと検索するだけで情報の海はいっぱい広がっている。ありとあらゆる情報がね・・・

Kujira02 そしてそのあり方の可能性を昨日改めて感じてしまった。電子写真集なんてのをipad向けで作って、その反応から販売量に見込んだ紙の高画質写真集制作ってのは誰もが考えること。

しかし単なる従来の写真集ではないありかたが昨日の上方水中映像祭りには感じられた。つまりipadやipod,アンドロイドを媒体としたときに、新たな販売フォーマットがあるのではないかなと・・・動画と高精細静止画で構成された一本の読み物や音楽との融合。これの販売スタイルはまだ暗中模索段階かもしれないけど、Webで本当に面白いものが購入することで、さらに高画質で自宅テレビで楽しめるとしたら・・・これはありだと思うのです。つまりWebサイトではサムネイルっぽい小さい画面サイズ。でもあくまでも滑らかに見ることができるストリーミング画像

ダウンロードすることで臨場感豊かな高画質画面が楽しめるとしたら、そういう販売形態もありなはず。ipad用はさらにリーズナブルな価格で。効果的なスライドショーならきっとできるはず。そんなこんなを考えさせられたイベントでしたね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上方水中映像祭り

11kamigata 2月19日関西方面の水中写真愛好家達が熱意を持って始めているイベント、上方水中映像祭りが今年も開催されます。僕も招待プロということで参加させていただきます。

僕自身最近は水中3D映像に没頭していまして、多くのストック、新しい撮影技術を開発。どんどん水中撮影を続けています。

今回Panasonic(株)AVCネットワークス社 DVC(株) (株)シーマさん、及び海遊館さんのご協力で65インチ大型3Dプラズマディスプレイを1F売店横に設置。最新3D映像を見ていただきます。

3Dってほんとにどうなんだろ?って僕自身も思っていましたが、なかなかどうして、撮影方法で変わるのです3Dは・・・・リアルにきちんと撮ればこうなるっていう映像を一日中エンドレスで流します。ぜひ見て下さいね!

当日海遊館ホール内で上映される作品プログラムは以下の通り。入場無料なので見に来てくださいね!

1 熊本修太(すた)(一般公募)
 「雫の旅 ~A water cycle story~」 

2 酒井由紀代(一般公募)
 「SAIPAN」

3 柏島ダイビングサービス AQUAS(協賛より)
 「柏島の海 ~笑いの流儀~」

4 DAIKI(一般公募)
 「オオカワリギンチャクの群生」

5 山中利文(一般公募)
 「水中写真 ヨメと、子供と、時々オトン」

6 伊藤恵里奈・小林裕幸・宮道成彦(一般公募)
 「好きやで、すまっぷー!」 

7 須江ダイビングセンター(阿部秀樹・尚原秀典)(協賛より)    
 「自分時間が持てる場所 -須江 心に残る海-」

8 michiki・sachi☆(一般公募)  
 「LIFE in the ocean」

~休憩~ 
 
9  あなたの水中写真を見せて♪(一般公募写真) 

10 AGO(幹事団)
 「TRICK」

11 UMA会長 古菅正道(一般公募)
 「YARASE」

12 備後輝 & ひろちゃん☆彡(幹事団)
 「マナティー ~Our Friends~」

13 五十嵐 "Garuda" 一規(一般公募)
 「泥底依存症患者のスケッチ」

14 鈴木あやの(一般公募)
 「小笠原での素敵な出逢い」 

15 赤木正和(招待プロ)
 「Dolphin Dream」

なお、ホール外設置の3Dモニターは専用メガネで見るシャッター式のものです。したがって順番に5人~7人のみしか見ることができません。ホール上映時間外も午前10時からみることができますので、なるべく時間をずらしてご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)