心と体

酸素って

酸素って人間にとって絶対必要なもの。
酸素を吸うことで、空気中から酸素を取り入れることで
体がどうなるかって考えたことありますか?
植物は二酸化炭素を光合成して酸素に変え、われわれの大切な酸素を作り上げてくれます。サンゴも動物で、骨格や体内に住まわせている渇虫藻という植物に光合成をさせ、栄養分もいただき、酸素もいただいています。
栄養分はたっぷりと余るので余剰分は粘液として放出。これをエビカニやチョウチョウウオたちが食べているとは以前の日記に書きました。
でも高水温になりすぎるとサンゴは自ら渇虫藻をすべて放出してしまいます。
これはなぜか?
光がたっぷり当たって、高水温で光合成が全開のように働くと、当然のことながら
高濃度酸素を作り続けます。
酸素は動物にとって必需品でありながら、過剰にありすぎると毒性を発揮しだします。
どういうことかというと、なぜ動物が酸素を必要とするかというと、
その体内の循環から不要なものを排泄燃焼するためなのです。
言いかえると老化した古い細胞や傷ついた細胞を燃やして捨てるためなんですね。
もちろん新しい細胞を作り出すために必要なことなのですが…怪我をした時や
手術後に酸素吸入をするのはこのためともいえます。(必要なパーセンテージに薄めてですが)

オキシドールという過酸化水素水で怪我をした時に消毒をしますが、
あれは高濃度の酸素で傷口についた雑菌を殺してしまうのです。

が、健康な周辺の組織もジュワーと泡立つほど傷つけてしまうのです。
自分の細胞も殺しちゃう。だからオキシドール使うと傷口の治りが遅くなったりします。
また、活性酸素という言葉をご存知でしょうか?
高年齢になって循環機能が低下してるにもかかわらず
たくさんの酸素を取り込み過ぎると身体にはよくないのです。
ガン細胞をも活性化させてしまったりすることがわかってきています。

話は変わって、僕はダイビング後の安全減圧に高濃度酸素を使った高濃度ナイトロックスで安全マージンを稼いでいると以前の日記で書いていましたが、
酸素はこういった危険性も持っているのです。
酸素中毒は恐ろしく、たとえば、100%の純酸素をちょっと深場で吸うとどうなるか?
いきなり呼吸困難に陥り意識がなくなってしまうのです。

だから、安全減圧に有効だとわかっていながら、何パーセントの分圧で使用するかとか、
どのくらい使うのか、きちんとした知識がないと危ない面もあるのです。
今、串本のシーマンズクラブでは、スタッフユースオンリィで80%濃度のナイトロックスを
安全減圧時に利用しています。
ここは、いいと思うことを積極的に取り入れる素晴らしいサービスですが、スタッフだけ吸ってずるいとか、何でお客さんに使わせないのかという声を蔭から聞いちゃいました。
それにはこんな訳があったのです。
また、加速減圧という言葉がもたらす危険性もあって、このガスを(たとえば80%ナイトロックス)吸ってれば、減圧停止時間を短縮できるから早く上がることができるって短絡的に考えて、より長く深く潜ろうと考えると、より危険な領域に突入してしまう訳です。

だからスタッフユースのみなのです。

ちなみにダイビング後や浮上時、酸素が窒素の排出になぜ有効かというと、体内に溶け込んだ窒素は呼吸によって肺からしか排出されないのですが、呼吸してるガスが、空気のままだと78%が窒素でできている空気は、うまく体内の溶け込んだ窒素を排出するのに適していない訳で、(食塩水を同じ濃度の食塩水で洗うようなもの…圧力差があるので多少は抜けていきますが)純酸素を使えば、溶け出しての排出効果が上がる訳です。(水に食塩水からとかして薄めるみたいな感じ)

約5分間純酸素を吸うと、体内の血液中に溶け込んでいる気体がすべて酸素に置き換わるといいます。ゆえに加速減圧は効果的なんですね。

また、チャンバーでの高圧酸素治療が有効なのは、体の中で気泡化している窒素のバブルが高圧下で酸素の溶け込みに置き換わってくれれば、酸素は周辺組織が消費するので体内で血行障害を起こしていたりするバブルが自然消滅するという理論を利用しているのです。ただ、酸素が多すぎると身体に良くないのは前述のとおり。
動物にとって必要なはずの酸素は、実は両刃の剣なのです!!
写真は南紀シーマンズクラブのスタッフ。
Hq9r88342




| | コメント (8) | トラックバック (0)