« 3Dインスターレーション | トップページ | 串本海中公園 »

3Dの可能性

00085月3日~8日まで大阪梅田茶屋町NU+にある茶屋町画廊にて初めての試み、映像展示と画廊のコラボでかなり目立ったイベントをやってみた訳ですが、いろいろと映像展示の面白さ、空間の演出だけでなく、さまざまな可能性を感じた一週間だった。

この宙に浮いた物体は「オトダマオトスケ」といい、ヒョウタンを改造して作られた小さなスピーカー。
これが会場を所狭しとぶら下げられ、それぞれの映像パネルの音響を担当してくれたのだ。制作は「あわ屋」さん!さらに奥の床にはコンクリートで組まれた、座れるウーハー。
0007ここで巨大な3Dプロジェクションを二面に展開。

多くの方々の驚嘆の声が聞こえてきた。特に子供や若い女の子のリアクションがすごかった!

ダイビングをしたらこんな感じなのかな?なんて声も聞こえてきてました。
多くの方々にとっての3DはUSJなどのアトラクションか、ヨドバシカメラなどでのデモンストレーション映像でしかなかったはず。アンケートをとってみたのだけれど、見る前は「酔いそう」「きちんと見えたことない」という意見が多く。

見た後は想像以上に面白かったという意見が多かったようだ。この意見は自分のFacebook上の友人のダイバーたちの意見ではなく、普通にGWに茶屋町エリアに遊びに来た若い世代の意見だということに注目したい。

サクラでも何でもない若い世代から老夫婦まで、貴重なリアクションやご意見をいただいた!  これはすごい収穫だと思っている。

今回の映像展示。連日バージョンアップするかのように映像を変えたり、見せ方に変化がついた。 実験的にやった実在のべリーダンサーと、その実物を撮影した3D映像を重ねて見せるという試み。これはすごい可能性を発見した気がする。

0003この実験がどういうものかは見た人にしかわからない。

また初日と二日目にはたぶんみんな気がつくだろうとあえて言わなかったのだが、3日目と4日目には、3Dメガネをかけてなるべく両方を見てくださいと説明したことによって多くの方が驚かれたようだ。

目の前を踊っているダンサーLuLuさんのすぐ後ろからご本人の手が真横に伸びたりして見えたはずなのだ。

そういった目で見ていただいた方から「うわーすごいこれ!」って声が漏れてました。次のうちのチームの展開、すんごく面白いことができますよ!この発展形はだれも見たことがない演出に繋がっていきます!!

ご来場いただいたみなさん!ありがとうございました!!

0009スタッフ一同 御礼申し上げます!!







|

« 3Dインスターレーション | トップページ | 串本海中公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/45210607

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dの可能性:

« 3Dインスターレーション | トップページ | 串本海中公園 »