« 本州最南端 | トップページ | ニューウェポン »

フィコカリス・シムランス

1h3x1689_2

このエビは少し前から須江の水中を賑わし、多くのダイバーが訪れたはず。
ウミエラヤドリエビの一種でおそらく本州初記録のはず。
僕が審査員にさせていただいている串本フォトコンにも数点の応募があった。残念ながら、おおーーーという作品は目に留まらず、審査会場では初期選抜にも選ばれなかったが、あまりに珍しいエビはエビなのでここでご紹介。
こういったカクレエビはその擬態している宿主(この場合はホソウミエラ)を少しでも触ってしまうと触手がしぼんでしまい、美しさが半減する。
ゆらりと揺れる水中で前後左右に動くところをマクロレンズで追いかけるのは至難の業。
かっちり止めるのも難しい。意外とWEBサイトだと気にならない(シャープネスかけるとかすれば)ピント&ブレも大きく伸ばすとアラが出てしまう。
Img_3199_2 つい先日は別のエビをじっくり撮影。

これが表題のエビで、今現在串本エリアの一か所のポイントでオスメスの二匹が見つかり、現地の一部ガイドの間で話題になっている。
メスのほうはご覧の通り抱卵中だが、あまりに小さく、これまたゆらゆら揺れる環境の中で、どこが目で、どこが触手で、どこが尻尾かが解らないのだ・・・
ゲストに見せるには難しすぎるということで今のところガイドネタにはなりにくいようだが・・・

コンパクトデジカメのほうが被写界深度が深いので、ピントを取るという意味では向いているが、ゆらゆら揺れるのでタイムラグが問題。

見せてもほとんどの人は肉眼で識別困難だろう。

よくまあこんなの見つけるなあ。

|

« 本州最南端 | トップページ | ニューウェポン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/33306876

この記事へのトラックバック一覧です: フィコカリス・シムランス:

« 本州最南端 | トップページ | ニューウェポン »