« あけましておめでとうございます | トップページ | 天国と地獄 »

イルカ君

1h3x1591今お世話になってる
南紀シーマンズクラブさんの
ボートが出る袋港という港の中になんと一頭のハンドウイルカが現れた。僕が入ったときにはかなり警戒心が強く
一定の距離で向こうをむいたままゆったりと泳いでいた。
その時に撮ったカットがこのワンカット。まあ写っているねって感じかな。あんまり美しくないと思ってる。エルトゥールル号のアンカー探しに行ったあとでダイビングパークに向かう途中で国道から発見した山口さんに教えてもらった。彼も実はマリンステージ串本の谷口君が指さすからわかったそうだ。
ここ串本では今二頭のイルカがダイビングポイントに時々現れているそうで、スクーバで入ってるときでも来るそうだ。今日もポイントに行く道中で遭遇したらしい。
この袋港に入ってきた個体はどうやら別個体のようで、少し子供っぽい小ささだった。
イルカといえば数年前本州最南端潮岬近くで二頭のイルカがいたことがあって、ずいぶん苦労してカメラに収めた思い出がある。
朝日新聞一面を飾ったのだが、このときのイルカはそうとう警戒心が強く、串本のあらゆるダイビングサービスの人たちが素潜りで接近を試しみたはずなのだが、いつも逃げてしまうということだった。
そこで僕はシーカヤックで連日接近を試しみることに。
海洋性哺乳類はシーカヤックには警戒心を持たないことが多く、ずいぶん日数がかかったが、なんとか一頭を至近距離で撮影に成功。やったと思って朝日新聞社に持ち込んだんだけど、担当の人の一言「二匹いるんですよね?」
この言葉を聞いた瞬間、なにくそという想いがめらめらと沸き起こり、再チャレンジしてきますとなったのでした。「野生のイルカで警戒心が異様なほど強い個体なんですよ」とは言ってみたものの、一般の新聞読者からするとやはり画面の中に二匹いないことにはニュースソースとしては成り立たないなあと思いなおし、再び串本に・・・
おかげですごくいい写真がその時は撮れたわけです。
で、一面掲載。
今回のイルカをみてその時のことを思い出し、自分の中にふつふつとわき起こる感覚が薄れてるなあと思わされた一枚が今回のブログ掲載の一枚。
自分を奮起させるためにこれを載せようと思ったのです。
明日からまた頑張るぞ!!

PS.今串本に来れば、例年以上に水中でダイビング中にイルカに会える気がしますよ。
大大吉引いた僕と一緒に同じ船に乗り込んでみませんか?(笑)

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 天国と地獄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自己レスですが
この子は大きさからミナミバンドウじゃないかなと思ってます。

投稿: フォトグ@赤木 | 2010年1月11日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/32951895

この記事へのトラックバック一覧です: イルカ君:

» Abuse lorazepam. [Lorazepam.]
Lorazepam withdrawal. Lorazepam y 57. Lorazepam. Price lorazepam. Lorazepam dosage. [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 19時19分

« あけましておめでとうございます | トップページ | 天国と地獄 »