« 深夜食堂 | トップページ | トルコの新聞 »

その後のカテ

3z2b0516かつて、少しだけ話題にさせていただいてた下ネタ続編。
僕たちの仕事は、深く長く入らざるを得ないことは誰が考えてもそうでしょう。
映像にしろスチル写真にしろ、粘らないと撮れないことは確かで、これからのシーズン寒くなってくると、水中で生理現象との戦いとなってきます。
俗に言う潜水病、減圧症にかからないためには水分摂取は欠かせないわけですが、これがとりすぎると当然排尿に繋がります。ウエットスーツであれば、自分のスーツを洗えば問題なく、周囲の人々に少々迷惑をかけようが、知れたもので、オキアミ臭いといわれる称号も気にしない人も多いようだ。女性が何も生き物がいないところをうつろな瞳になってじっとしているときなど、必ず生理現象を伴った行動を起こして動かなくなっているものだ。
かく言う僕だって、膀胱がパンパンになったまま撮影を続けることは集中力を欠いてロクな映像が撮れたためしがない。

深く長く潜るためにリブリーザーという泡が全く出ない特種潜水器具で潜ると、3時間以上上がってこれなく、体が濡れないドライスーツ時など、我慢に我慢を重ねるか、成人用おむつのお世話にならざるを得ないのだ。

そんな特殊な僕たちのダイビングスタイルに、格好の道具があった!
カテーテルのように小を外部に排出してくれるPバルブ。
これを僕の場合、インタークロスというドライスーツの太もも部分に付けているのだが、
これに接続するアタッチメントはアメリカ製のものしかないと思っていた。

今日、この輸入業者がすごく近い場所にあることを思い出し、この会社を訪れてみた。
社長さんらしき方とずいぶん長く話し込んだ挙句、いろんな国産品でさらに改良ができる気がしてきた。
3z2b05162 従来品はシリコン製でしかなかったが、日本の最先端技術ならラテックスとの併合や、天然ゴムとの融合品。
こういった発展形が製造可能で、僕のダイビングがさらに快適になる気がしてきた!
これらは本来は寝たきりになってしまっている年配の方や、外科手術でベッドの上での使用が必要という人のために開発がされてきており、オカモトさんなどもこの開発の重要なキーマンなのだ!(キー企業か)
次のダイビングでは違う純国産製品にチャレンジしてみる!
ちょっとだけ楽しみなのだ!

うつろな目で撮影している僕を発見した時は、なるべく近づかないほうがいい
きっと、排出中だと思うんで(笑)

|

« 深夜食堂 | トップページ | トルコの新聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/32071313

この記事へのトラックバック一覧です: その後のカテ:

« 深夜食堂 | トップページ | トルコの新聞 »