« マスターモニター | トップページ | 土塔庵 »

翔龍祭

1h3x03972和歌山の龍神にて林業祭が発展して多くの人たちが集まる「翔龍祭」というのがあるのだが、これに参加してきた。
ここで久しぶりに再会した人がいた。風の楽団をやっていた山本公成さんだ。

このバンドはかつて僕が写真から映像方面に進む転機となった横浜国際水中映像祭で、エキジビジョンで演奏されていたわけだが、その際僕の隣で聞いていたのがジャック・メイヨール。はじめて声をかけて話したことが思い出される。
この映像祭でメインスポンサー賞をいただき、本格的に映像の世界の勉強を始めた。原点で出会った人だったのだ。
1h3x0483 このステージでは、アンプやスピーカーの電源供給を人力で自転車でジェネレーターを動かして作り出していたのだが、この発電システムを構築していたのが、またもや以前数度お会いしていた越智さんだった!
彼とは自転車雑誌の仕事で会ってたんですよね。なんとも奇遇というか必然なのか、いろんな人を引き寄せる場所なんだな。
もちろんこのきっかけを作ってくれたのが現地に住む城所さん夫妻。
1h3x0442 チェーンソーアートの世界チャンピオンだ。
今年は彼が主導で行なった、無農薬の田んぼの田植えに参加させていただき、出来上がった素晴らしい米を食べながらこの文を書いている。
このイベントでエキジビジョンで虎を彫っていたが、さすがの出来栄え。
その制作スピードは驚かされるばかり。

1h3x0462 ステージは旧家をイメージさせるもので、林業と農業主体で生きる日本の原点を見た気がした。やさしい音色の音があたりをやさしく包むのだが、ここにも一工夫があった。
1h3x0452
省電力で大容量スピーカーと同じような効果を生む新しい設計の試作品が使われていた。
広い会場の高い天井に僅か20wのスピーカーとは思えない音が響いていたのだ。このスピーカーユニットは現在国際パテント取得中だそうで、高能率、省エネルギーで驚くほどの音量音域が出る。きっとライブなどの条件が無理だと思われていた場所でも可能になるだろう。
今年の「翔龍祭」のテーマは水、そんなわけで僕も出展させていただいたのだが、そのテーマにそぐうように主催者と相談。
NPOたじま海の学校で制作した海のごみを考える作品群を同法人からお借りしての展示を行なった。多くの方が食い入るように見ていた。
山から繋がる水を多少なりとも考えるきっかけを作れたかなと思っている。

|

« マスターモニター | トップページ | 土塔庵 »

イベント日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/32330150

この記事へのトラックバック一覧です: 翔龍祭:

« マスターモニター | トップページ | 土塔庵 »