« 無農薬の不耕起栽培 | トップページ | ファインダーとマスク »

ニューギア

Lv2長い間、マスクといえば一眼の円形のものを愛用してきた。
古くはスーパーコンペザトールというフランスブッシャー製のものをずっと使い続け、ゴム製のスカートゆえにすぐにぼろぼろになって穴があいてくるのを我慢しての使用だった。
このマスクをどうして使っていたかというと目とガラス面の間が最も近く、ファインダーを覗きやすいというのが最大の理由。
実際キヤノンF-1スピードファインダーとのコンビネーションでは何も言うことがなかった。
さらに大きなビューファインダーがついた放送用のSSPハウジングなど両目でとらえることができ、便利だったのだ。
これがGULLが作ったアビスというマスクの登場後、そのマスクに主力の座を奪われるわけだが、このマスク、わずかにブッシャー製のものに比べて厚みがあるものの、良好なシリコンスカートなので穴があいてしまうといった心配もなくここ5年近くずっと使ってきた。
これをおなじGULLの新しいマンティスLVというタイプに入れ替えようと思って導入した。
理由は最近の設計のこういったLOWボリュームのマスクのほうが、ガラスを反対に傾斜させることができるために、目に近い設計にできるのだ。
額の部分の厚みは少しあるものの、鼻の最高部位置よりもほっぺたに近いガラス面が確保されることで、下方向の水中視界が広がるのだ。
実際に自分が主力にしているカメラ1DsMk3のハウジングに当ててみると、右目のフレーム部分のへこんだガラス面にすっぽりとファインダー部分が入り、より目に近い状態になる。
この方がいいじゃんと思ったのが、導入のきっかけのひとつ。
もう一つはリブリーザーで潜った時のこと、下方向の視界が制限される一眼タイプは、マウスピース部分のすぐ上についているLEDのヘッドアップディスプレイが見えないのだ・・・
フリーダイビング用のスフェラもあるが、これは強度面で心もとない。
この二つの理由で最新マスク(と言っても発売は昨年だが)に変更したのだ。

ただ気になる点もあって、いきなり改造君をやらかしてしまった。
ひたいの真中に突出したGマーク・・・シルバーでかっこいいのだがこれがハウジングの背面アクリルにコツコツ当たる。
これは絶対に水中で気になるのと、キズを入れるだろうということで新品未使用で分解
ダイヤモンドやすりでケヅリ落としてしまった。
で、見た目を良くするためにウレタンペイントで黒くして組みつけ。
こんなマスクになったわけです。
Lv22 さてさて明日あさっての水中使用インプレッションと
さらなる報告に続く・・・

|

« 無農薬の不耕起栽培 | トップページ | ファインダーとマスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/30404296

この記事へのトラックバック一覧です: ニューギア:

« 無農薬の不耕起栽培 | トップページ | ファインダーとマスク »