« 本当に温暖化? | トップページ | 潜ってから龍神に »

リサイクル

Img_14322以前にもリサイクルは一度話題にしたことがあったが、その時はペットボトルについて考察した中でのリサイクルを考えるというものだった。
昨年のリーマンショック以降、リサイクルされてきていた金属素材がいきなり大暴落に繋がってきているそうだ。
ほぼ十年ぶりに、会った友人からそんな話を聞いた。
彼は建築関係に勤めているのだが、昨年の初秋までは鉄に関していえば、1Kgあたり60円で廃材が回収されていたそうだ。ちょうど中国が北京オリンピック景気に湧いていたころ、日本国内で金属製備品の盗難騒ぎが話題になったあのころである。
当時大きな建築物を作り上げる際、仮止めのボルトや、施工時に出てくる鉄の廃材を集めて持ち込むだけで、大きな現場だと半年で百万ぐらいになっていたそうだ。
だから仕事後汗だらけになっても、この回収を行ない、施工が完了した時点で、みんなで打ち上げに行くときの飲み代として有効利用していたという。
ところが世界同時不況以降、鉄やアルミの廃材の価格が大きく暴落。
誰も現場の廃材を片づけなくなったと言っていた。
近所の大手チェーンの酒屋さんではアルミ缶の回収を自主的に積極的に行なってきたが、一缶1ポイント(一円換算)で引き取って金券交換ができていたそうだ。

回収業者に定期的に来てもらっても若干の黒字が出ていたので、当時それはそれでいいことだと思っていたが、いまや全店で1000万の赤字が出ていると店長が言っていた。

アルミはほとんど100%近いリサイクルができる金属素材だが、残念ながら精製したり、リサイクルする際に大量の電気を必要とする。したがって今やアルミの回収された空き缶などの値段は1/10に落ち込んでいるようだ。鉄材よりもさらに価格が落ちているのだ。

ここ二十年でアルミ缶はペットボトルと同じく急速に普及してきた。もちろん便利というのもあったが、リサイクルというものに消費者が踊らされてきたという事実もあるはず。

アルミ缶は再利用されますと・・・

ECOという共通語で今は踊らされている気がする消費者。
車でも家電でもなんでもECOを前面に打ち出すのがはやりのようだ。

ビールや清涼飲料水で再利用するガラス瓶という流通形態が普通だったはずだが、いつのまにかいろいろな小瓶の輸入ビール以外見なくなってきた。
しかもほとんどのガラス瓶が今や使い捨てとなっている事実。
そのことに気付いていますか?
ほとんどのボトルが回収不能なのです。
再利用されていないのです。

海の中や大自然の生態系はすべてうまくできた回生システムで成り立っています。
日本人はもともとこういったバランスを最もうまく利用してきた民族のはずです。

そんなこんなを考えながら仕事の打ち合わせから帰る帰路、こんなビールを今日は買って帰りました。
小瓶でもリターナルボトルとして流通させているこんな製品をキリンは作っているのです。
ハートランド
Img_14272 この小瓶は、330mlとアルミ缶と同じ容量。
近所の酒屋で210円で売っているのですが、同じサイズのアルミ缶のバドワイザーが205円
ところがリターナルということで空き瓶を持っていくと5円で引き取ってくれるのです。
これは酒屋が自主的に行なっているアルミリサイクルキャンペーンではなく、キリンがきちんと流通システムとして取り入れているのです。
僕が個人的に好きなのは国産だとMALTSもしくはエビス。低価格帯の発泡酒ではこういったリターナルシステムではコスト的に合わないと思います。
でもプレミアムモルツや高価格帯のちゃんとしたビールなら…今ならシステムとして成り立つはずです。
本当の本物はECOだと・・・

リターナルシステム
実は一升瓶は茶瓶と透明瓶のみ対象で、黒や緑瓶は補償金を戻してもらえません。
この一升瓶も、ビールの大瓶も中瓶も、そしてこのハートランド小瓶も
販売店に戻せばすべて一律5円で引き取られるって知ってました?

もしもMALTSが小瓶リターナルボトルとして登場したら、僕は缶ビールを街で飲みたくなっても絶対こっち買うんだけどなあ・・・
ラッパ飲みでも絶対缶より瓶のほうがうまいし、さらに再利用されるんならね。

|

« 本当に温暖化? | トップページ | 潜ってから龍神に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

関係者ですみません(笑)。
酒瓶とハートランドに反応してしまいました。
実家が酒小売をしていたもので…。
それと、「夏はハートランド」と決めているもので…。

酒瓶のリサイクル、昔は当たり前だったのですがね。
20年以上前の話で恐縮です。実家が酒小売と配達をしていた頃、お酒の注文はケース単位でした。それをお客さんのところへ配達に上がると、必ず小屋の裏手なんかにケースに入った空き瓶が積み上げられていて、売った分だけ頂いてきたものです。当時はビールも一升瓶も空き瓶は1本10円でした。それをメーカーが引き取りに来て、リサイクルしていたのです。
「エコ」なんて言葉がバカみたいに流行り出すずっと前のことです。

ハートランドビールは近所のスーパーで扱っていて、空き瓶を持っていくと引き取ってくれます。
(あんまり大きな声では言えないのですが、値引きがすごいので持って行っても無料なのですが…)
というか、ハートランドの瓶…デザインもいいし、造りもすごくしっかりしていて、とてもゴミに出せない…(笑)。
ところでハートランド、500ミリリットルくらいのサイズもあるのご存知ですか。

投稿: つり人社の小野です | 2009年7月24日 (金) 12時08分

赤木様、

メーカーが引き取ってリサイクル

リユース、の間違いです。すみません。

投稿: 追伸:小野 | 2009年7月24日 (金) 12時09分

追伸:小野 さん
ははは、ややこしいですね
リサイクル(再生)
リユース、リターナル(再利用)

おまけにワンウェイボトル
このワンウェイボトルというのが一回のみ再利用だとは知りませんでした。
英語の言い回しなら使い切りかなと・・・

ハートランドの500ml
飲食のお店で見た記憶がありますが、流通しているところは見たことないですね。

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年7月24日 (金) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/30671195

この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル:

« 本当に温暖化? | トップページ | 潜ってから龍神に »