« クジラを見てきて | トップページ | ニューギア »

無農薬の不耕起栽培

1h3x87271 命の息吹を感じる土地ってありますよね。

最近土の匂いかいだ覚えありますか?子供の頃よく近所の原っぱで走り回ったり、こけて膝すりむいたりってのが当たり前の日常だった頃、周辺ではウシガエルの大合唱を聞いたり、ザリガニ取りに明け暮れたり。

そんな経験からずっと離れていた日常生活から、僕の場合は全身に海の匂いを染み付かせることはあっても、土とはご無沙汰でした。

先月、ふと和歌山県の広報誌の仕事から偶然同じ号の表紙になっていた旧知のチェーンソーアートの作家さんに連絡を取ってみたら、急遽会うことになって、和歌山の龍神村に行ってきました。その時、まさかそんな話に発展するとは思わなかったのですが、人間が環境に与えるインパクトの話になって、ずいぶん話し込んじゃいました。

山の水・・・特に安全かどうかという点はかねてからずっと思い続けていたことで、おいしい水の飲める場所はいいよなと考え続けていました。もちろんその水はその地の環境がよくなければそのまま飲むわけにはいきません。農作物も安全な水と環境が僕たちに元気を与えてくれると思うのですが、同時に日本のあらゆる生き物にとっても大事な物のはずです。

今のレタスやキャベツ、なんだかプラスチックの作り物っぽく感じるのは僕だけでしょうか? まったく虫の食ってない状況をみて不思議に思いませんか?あまりにきれいな野菜や果物。これを作ってる農家の方々と消費者である一般家庭の両者の望む商品開発、流通形態がうまく合致してスーパーに並んでいるわけですが、驚くほどの農薬や薬剤が使われていることは案外知らされていません。また、その現場で使われている安全だと検証されている農薬が、ここ10数年で大きくさま変わりしてきていることを恥ずかしながら僕は知りませんでした。

ネオニコチノイド系の農薬が開発され、親水性が高いことから洗い流せるし、作物に安全だということで急速に広まってきました。これは家庭菜園用としても、害虫駆除のしやすさからあっという間に普及、ホームセンターなどでも普通に買えて劇薬扱いにもなっていません。  まあこの農薬の問題はそのうちきっちり調べて改めて記述しようと思っていますが、洗い流せるということはすべて写真のような水田に・・・そこから川、海と流れていくわけですよね。

いろいろ話しているうちにふと頭をよぎったことがあります。

世界中でいっせいに起こりだしたホワイトシンドローム・・・サンゴが高水温で白化してしまうのではなく、原因不明の白化を起こして死んでいってしまう伝染病めいた現象。  これがサンオイルのせいだとか、ウイルスのせいだとかさまざまな憶測が学者さんからもされてきています。この発生し始めた頃と、ネオニコチノイド系の農薬を散布しだした時期が奇しくも一致している気がしてます。

沖縄や海外でもゴルフ場やリゾート施設の建設ラッシュから芝生の養生に便利だと撒かれる種類がどうやらこっち方向に変わってきたようです。南に多いサトウキビ畑もね・・・

この農薬は水によく溶ける親水性の高さから沿岸の生態系に直接作用しやすいことは素人考えでも容易に推測できます。

この農薬が今や普通に大量に使用されていることから、僕たちの身の回りの昆虫や身近な生き物が激減してきていることに、多くの人たちは気づいていない気がします。

この農薬は上流で使えばその薬効が下流域の水にも当然影響を与えるわけで、下流域で自分の田畑に撒くのを制限しても意味がないことになります。  そのため無農薬の不耕起栽培を行なおうと考えても、上流からはじめないと意味がないわけです。

そんなわけで和歌山の龍神村界隈で無農薬の不耕起栽培をはじめようとする動きを知り、そこに参加させていただく機会を得ることができたんで、今週月曜からずっと田んぼに入らせていただいてました。アメンボやカエル、イトミミズ、カブトエビが普通に大量に泳ぐ水田のぬかるみに毎日裸足で入ってズブズブと作業に取り組んでみました。

いいですね、地球の息吹が聞こえるようで・・・

Hq9r83481 Hq9r83351 苗の段階から育てることにもかなりのこだわりがあって、その理由をしっかりと勉強しながら、汗を流すのもいいですね。

田植えのタイミングも苗の生育状態が大事で、人間の都合や休日にあわせたものではなく、苗の声を聞きながら行なうようなものです。

稲だけではなく、植物だけではなく、多くの生き物の息づかいがここから伝わってきます。海に山から流れ込む水の原点をここで感じることができます。

安全な水が芳醇に得られる場所というここから、下流に向かってこういった動きが少しでも繋がっていけば、きっと単なる安全な食品という観点だけでなく、生態系がどう変化するかも見ることができるはずです。Hq9r83201 Hq9r83271 下の写真は熊野三社のひとつ、速玉大社の宮司さんがこの地をお祓いしてくれ、水の入り口と出口にこういった護符を奉ってくれたというものです。

昔は紀伊半島で普通にこういった光景があったそうですが、今は見ることがほとんどありません。

水と命の繋がり・・・昔の日本人は普通に日常生活で敬いながら生きてきたんですね。

|

« クジラを見てきて | トップページ | ニューギア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

う~ん♪素晴らしい世界です。
わたしも耕さない畑、雑草も取らない触らないの農を学んでいます。
水田の光の反射が美しいですね!見ているだけで心があったかくなりました~!!

投稿: ofumi | 2009年5月29日 (金) 18時16分

ofumiさん
カブトエビやいろんな生き物が
裸足の足に泥の中から触ってきます。
流れる山からの湧水で足と手を洗って
食べる握り飯の美味いこと!
冷えたビールもうまいんだなこれが!

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年5月29日 (金) 20時18分

昔、母方の叔父から
「おまえら、虫も食わん野菜食ってんのか。」
と言われたのを思い出しました。。

投稿: TOMIYA | 2009年5月29日 (金) 20時57分

はじめまして!准将と申します。
小さい頃は毎日ザリガニ取りに明け暮れてました。最近の子供はどんな遊びが主流なのでしょうか。
冬も堤防や田んぼの中は凧揚げの場所取りに窮屈な思いをしたもんですが、最近は見ませんね。

ザリガニ取りも冬の田んぼでの凧揚げも汚れるものですが、最近は綺麗・清潔の度が過ぎてるのではないかと感じます。農薬に関してもそういった消費者の清潔志向からの影響もあるのではないでしょうか。

田植え中の写真が格好いいですね!乾杯

投稿: 准将 | 2009年5月29日 (金) 21時39分

チェーンソーアートの達人さんのブログも拝見しましたが、ここまで忠実に昔ながらの稲作・農業をやっていかれるのは大変な作業だと思います。
暑い夏を越して、秋の穫り入れ・新米のお味報告までリポートが楽しみです!

私も遠い昔の記憶ですが、子供心にもキツイ作業だと思いながらお手伝いの真似ごとをしてました。
今でも野菜の虫を除けながら(時には見落として食べてしまうことも)形もいびつな、それでもスーパーで買うものよりちゃんと野菜の味のするのもを食していますよ(*^-^)

投稿: | 2009年5月29日 (金) 22時05分

TOMIYAさん
今実はプラスティックみたいなキャベツ食ってます。
味が薄いなあ・・・

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年5月29日 (金) 22時24分

准将さん
遊んでみて、あんなに生き物が近くの田んぼにはいないことに気付いて愕然とするんですよ

何が清潔なんでしょうね?化学物質漬け
ネオニコチロイドは一説によれば神経性の毒物です。ミツバチが帰巣本能をなくすとか・・・最近の人間の鬱や攻撃的な性格の発生も関係があるんじゃないかと思うところもあります。

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年5月29日 (金) 22時31分

無記名さん
すみません見落としてました

>ちゃんと野菜の味のするのもを食していますよ(*^-^)
いいですよね、僕も野菜作りたくなってます。

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年6月 1日 (月) 12時34分

はじめまして。
ニコチロイドのことをきっちり調べられるのであれば、正式名称は「ニコチノイド(nicotinoid)」であって、前者は反対派の人達の間で何故か定着している呼称であることを知っておいた方がよいかと思います〜。

投稿: げn | 2009年6月 1日 (月) 15時38分

あ、ネオニコチノイド(neonicotinoid)も同様です。
分かると思いますが(汗)。

投稿: げn | 2009年6月 1日 (月) 15時41分

げnさん
ご指摘ありがとうございます
確かにその通りですね
Web検索して確かめたつもりが
いっぱい出たので、すんなり受け入れました
訂正しておきます。

正しくはこういったサイトで出てますね学術的な話
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001712609

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年6月 2日 (火) 00時05分

いつもお世話になっています。
赤木さんの影響でしょうか?
最近、プランタで無農薬で野菜を育てていますョ!!
非常にお百姓さんは大変な苦労をして栽培しているのを痛感しています。
また、来た時に食べてください。
よろしく!!

投稿: imai | 2009年6月14日 (日) 16時24分

imaiさん
育てるって面白いですよね

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年6月14日 (日) 17時07分

この前、ひょんなことから田植えを手伝う機会がありました。
そこの主も、私よりもずっと若い人なのに、慣行農法に疑問を感じて、無農薬の農法とかを勉強したり、実行されています。
今まで、あまり考えてことなかったのですが、裸足で泥の中に入って、いろいろ感じるものがありました。
本当にいい経験になりました。
やっぱり実際に体験してみるっていいですね!

もしお時間ありましたら、私が体験させてもらった農家のHPものぞいてみてください。
「米市農園」http://komeichi.net/

投稿: えみぞう | 2009年6月29日 (月) 17時31分

えみぞうさん
いいですよねこういう動き

僕も出来上がる米が楽しみです!

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年6月29日 (月) 23時36分

こんにちは。

>水と命の繋がり・・・昔の日本人は普通に日常生活で敬いながら生きてきたんですね。

その通りだと私も思います。
敬ったのはたぶん、自然そのものに対してでしょうね。
だから大和言葉に、ネイチャーに対して当てはまる言葉がない。「自然」という日本語は、また別物ですね。

私の工房の目の前は、水田です。
毎朝毎晩、お百姓が水を見に来ておいます。
これも、当たり前のことだ。

ちょっと上に行きますと、蛍が出ております。
これも、私の子供の頃は、当たり前だったなぁ。

投稿: 紺屋 | 2009年7月 2日 (木) 17時08分

紺屋さん
ネイチャーに当たる言葉がない
確かにそうですね
また逆も・・・
命を敬い、自然の命を、作ってくれたお百姓さんや獲ってくれていただいたすべてに感謝して
いただく

いただきます!
に当たる英語もないんですよね。
両手を合わせて「いただきます」必ずやってますが、海外ではこのしぐさ不思議に思われるようですね。

今年のはじめトルコ人研究者一家とほぼ一月間一緒に暮らしたのですが、このことを教えたら、子供も含めてみんなマイ箸使って「いただきます」やってました。

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年7月 8日 (水) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/29851940

この記事へのトラックバック一覧です: 無農薬の不耕起栽培:

« クジラを見てきて | トップページ | ニューギア »