« おらんく亭 | トップページ | マチウケル »

2000万画素オーバー

608x338product_main_1dsmkiiiこの間はこの外側部分をご紹介しましたが、その中身のカメラにも少し触れてみようかと思います。
今の主力カメラがこの機種になるのですが、デジカメのモデルチェンジって本当に早いですよね。
昔のフイルムカメラは最上位機種といえば、約10年間は不動の地位を確保したままだったので、持ってると機種変更する必要もなく、ずっと使い続けられる点でそのカメラに慣れることができるし、撮れないはずの写真が無意識のうちに撮れちゃうというところがありました。車でいえば毎日乗りなれてれば、突然の出来事に対して無意識にハンドルをどれだけ切って、ペダル操作なんかも何も考えないで最適な量のコントロールができるといったことがそれに近いかもしれません。
つまり、慣れるってことは機械操作をするうちでかなり重要なウエイトを占めると思うのです。その道具の性能、スペックも重要なのですが、無意識に使えるように・・・
キヤノンの1D系統で僕が気にいってる点は、やはりここに一番大きな点がある気がします。歴代のボディーの操作位置に統一性が採られていて、1D、1Ds、1Dmk2、1Dsmk2、1Dmk2N、1Dmk3、1Dsmk3と変化してきていますが、パッと手にとってすぐに撮影といった時に考えないでシャッターボタンに人差し指が行って、絞りや露出補正が無意識にできるところがいいわけです。
じっくり考えて物撮りってときにはあんまり関係ないかもしれませんが、フットワーク重視の撮影にはやっぱりここが大事だと・・・


|

« おらんく亭 | トップページ | マチウケル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが、今回のエルトゥールルプロジェクトお疲れ様でした、
なんか現場にいた赤木さんたちを差し置いて、日記を読んでただけの僕のほうが抜け殻になってます(爆

デジタルカメラのモデルチェンジの早さは、やっぱフィルムじゃないからですよね、、
こっちのプロカメラマンがある撮影会で「昔のカメラのフィルムは、デジカメで言うとこのコンパクトフラッシュ(CP)にあたります」って説明してて、ちょっと笑ってしまったら目が合って睨まれたんですけど(^^;;、
確かにそれは嘘ではないし、記憶媒体ではあるけれど不十分ですよね、、
フィルムはデジカメで言えば「センサー+記憶媒体」のセットですもんね、、
だからセンサーが互換になるというか、買い足すように簡単に交換できるようにならない限り、デジカメはモデルチェンジを繰り返すんだと思います、、
僕はセンサーのパーツ化は、ずっとできると思ってるんですが、物理的な精度の問題が大きいから難しいんでしょうね

投稿: JaM | 2009年2月17日 (火) 17時22分

コンパクトフラッシュ
「CF」って入力したと思ったら「CP」になってますね
・・恥ずかし(*^^*;;

投稿: JaM | 2009年2月17日 (火) 17時29分

Jamさん
今のところボディーがフイルムだと思っています。
デジタルバックなんてのも各社で企画されながらあまり実用化に至っていないのは、その精度問題でしょうね。
フイルムの時代はその乳剤の厚みから結構アバウトなフイルム面精度で行けたのが、今のイメージセンサーではミクロン単位で前ボケになったり後ボケになったりするようで、レンズによる個体差もモロに出てしまいます。

1Dsmk3になってこの微調整がボディー側からできるようになり、30本まで自分のレンズ登録調整できるようになったのは重宝してます。

投稿: フォトグ@赤木 | 2009年2月17日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/28124320

この記事へのトラックバック一覧です: 2000万画素オーバー:

« おらんく亭 | トップページ | マチウケル »