« 食の楽しみ | トップページ | 朝日新聞一面掲載 »

海のお掃除2

Umisouji02このブログで以前お伝えした
NPO「たじま海の学校」主催の海のおそうじイベントが
去る10月19日
兵庫県北部竹野海水浴場で行われた。
今年は釣り人が120名強、ダイバーが40名強参加し、総勢160名を超える海にかかわる人たちが集まっての一大イベントとなった。
この模様や詳しい内容は月刊つり人&月刊ダイバーでご報告させていただくとして
ちょっと違った観点からこういったイベントに関して思い出し思いついたままに・・・。

ボランティアという意識が日本人に芽生えたのはロシアタンカーナホトカ号が隠岐諸島沖で船体が折れ多くの原油が流出、三国海岸沿岸に船体一部が漂着。
当時越前海岸をはじめとして日本海沿岸には重油が押し寄せこれを排除するために多くのボランティアスタッフが現地に滞在、活動を行なって、これが報道されることでボランティア意識が日本人の中で芽生えたと言われています。

僕もこのとき重油を雑巾でふき取る作業にはほんの少し参加、でも自分ができることは多くの人に伝えることだと、雑巾を水中カメラに置き換え、VTRとスチル写真で記録を撮ることにしました。
ちょうど三国の観光協会からボランティアスタッフが報道されるにつれ、冬のカニを食べに来てくれる観光客が激減していること、カニの出荷後の販売量が心配されていることから
三国の海が深場の海から汚染されているわけではないことを写真で見せてほしいと依頼され、旧知の九頭竜マリンの森安さんから電話で頼まれたので「よっしゃやりましょ」
と快諾。
深夜車を走らせ、三国の漁港に向かいました。
早朝船に乗せられ、たどり着いた先が東尋坊沿岸かと思いきや、なんと漂着したナホトカ号船首部分。
当時引き揚げ作業の妨げになるという理由で報道規制がかかっており、一切作業風景は公開されていませんでした。
陸上沿岸からの報道のみが連日流れていたのです。潜りだした時には
陸上の中継車から「誰か潜ろうとしてるぞ!」「カメラもっとるぞ!」という声が聞こえてもいました。
その水中をはじめて撮影したということで、翌日の朝日新聞一面TOPやFNN系ニュース番組で流されたのが各種報道機関と繋がるきっかけだったように思います。
それはさておき、その時に聞いた話で当時のボランティアはマスコミにのっかって
多く集まったものの、自分たちはボランティアだからと大手を振ってとんでもない行動を取る人たちもいたそうだ。
民宿はボランティアを格安の価格で受け入れていたが、重油まみれのカッパのまま
室内に入り、平気で壁や畳を汚していながら、自分たちはボランティアで来てやっているのだと悪びれることなく帰って行く人たちも多かったそうだ。
それに較べて、このイベントに参加していたつり人やダイバーたちのモラルの高さ、
主催者たちの安全管理意識や目的意識が大きく進歩しているなあと感心した。

しかしながら、前日に釣り人を取りまとめていた主催者のひとり、海族のBOSSが言ってたのですが、昨年コンビニでなにげに釣り雑誌を立ち読みしている釣り人らしき二人が「こいつら偽善者や!」と話していたのが聞こえたらしい。
すぐそばに主催者本人がいるとも知らないでね。

おそらく多少はやっかみ、うらやましさもあったはず。でもそこに参加していない自分たちの気まずさを紛らわす感情もあったはずじゃないかなとみんなで言ってました。

こういったイベントにはまず参加してみないとわからない部分がたくさんあるはず。
参加してみて初めて見えてくることもあるだろうし、改善部分が見えたらそこを次回正せばいいはず。
モラルの向上もきっと回数重ねれば自然とよくなってくるはずです。
今回のイベントも終了後主催者リーダーレベルの人たちが反省会と称して1時間45分に渡り、気になった点や改善点、次にどうするかと熱い討論が続いていました。

来年はこのイベントさらに進化するなあと感じた瞬間でした。

まずはあなたも来年参加してみませんか?
きっとできることから、できたことから何かが見えてくるはずです。

Umisouji12

|

« 食の楽しみ | トップページ | 朝日新聞一面掲載 »

イベント日記」カテゴリの記事

コメント

mixiではいつも足跡を残してすみません^^;
はじめて書き込みさせて戴きます。

以前、「ボランティア」という言葉の意味について
どこかで聞いた事がありましたが、語源は

「志願者」

という事だったと記憶しておりました。

改めてwikipediaで調べた所、その他にも色々な
意味があるのですね。
→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2#.E8.AA.9E.E6.BA.90

いずれにせよ自発的な行動により何かを成そう
という気概を持つ方であればこそ、自らの行動
規範にも厳しくありたいものだと、記事を拝読
して感じました。

近い将来いつもお世話になっている海なり湖で
清掃イベントに参加したいと思います。

投稿: らいおん丸 | 2008年10月21日 (火) 12時15分

らいおん丸さん
お掃除は普段の海でもできることですよね
ビニールゴミなど
分解されずに悪影響だけ残るものなど、何かを持って上がること
ちょっとでも考えたいですね

投稿: フォトグ@赤木 | 2008年10月21日 (火) 20時19分

赤木さん

そうですね^^
ツアーに行った時でも出来ることから
始めたいと思います。

投稿: らいおん丸 | 2008年10月21日 (火) 22時54分

主催する人が実は仕事量も多くて大変なんですが、、
どういうわけか人が集まりはじめると、
自然とそれぞれ得意分野があって、
あっという間に役割分担できるのが面白いですね、

僕らは、掃除する場所の
各市町村から指定のゴミ袋をもらってきて、
日時を指定して友達を集めて、
ごみ拾って掃除して、
市町村と打合わせした指定場所に置いて帰るなり、
処分場へ持ち込むなりして、
結果報告を市町村に上げる
程度のことするだけなんで、
いつでも誰でも始められる活動なんですけど、、

こうした活動の第一歩を、誰かが踏み出さなきゃいけないってところが、、誰にもは出来なくて、、
誰かがやらなくちゃいけない・・

で、始めた人は少なくとも流れが出来るまでやめられない・・

投稿: JaM | 2008年10月22日 (水) 13時37分

JaMさん
今回のこのイベント来年で5回目になるようで、
流れとして動き出したのが、どんどん膨らんできてるのがわかります。

その活動の記録というか報告書を見たら、
NPO法人はかくあるべきだと思いましたよ。
今年のまとめもきっとすばらしいものになると
確信してます。
僕もちょいとがんばってみようと思わされたイベントでした。

投稿: フォトグ@赤木 | 2008年10月22日 (水) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/24637842

この記事へのトラックバック一覧です: 海のお掃除2:

« 食の楽しみ | トップページ | 朝日新聞一面掲載 »