« 渚のスローフードフォトセミナー | トップページ | お誘い »

ダイビング用スーツ

1h3x6665ウエットスーツやドライスーツというものは僕の場合仕事着ともいえるのだけれど、メーカーさんと共同開発とか、潜る回数の多い僕たちのフィードバックが、製品に生かされるケースも多い。
当然のことながら通年潜るわけだから、さまざまなタイプのものを季節に応じて着替えたり。改良を加えたり、素材を吟味変更したりしてきている。
俗にいうロクハンという6.5mm被りのスキンスーツだって、考えたらいくつものメーカーのものを試してきた。サンファンで二着、ワールドダイブで二着、UGO、サンワードで各一着、最近はGULLさんが出している裏がウレタンコートの金色素材のものを気に入って着ている。これは破れず、パウダーなしで着れて、濡れていても乾いていても脱着がスムーズ。

行った先々でロクハンを着ているダイバーが多くなってきたのは写真派ダイバーが増えた時期と重なるように思う。
素材は日本製のネオプレンは非常に優秀で、海外のものと生地で言うと雲泥の差がある。それとカッティング・・・立体裁断の手法もまるっきり違っている。この差がいつまでついた状態でいられるか、服飾の世界のように技術が盗まれると中国製などコストの安いところで作られるのが主流になる時代が来てるのかもしれません。
コストでいえば、僕も6.5mmじゃなく8mmや10mmといった俗に漁師スーツと呼ばれる地方の手作りスーツも以前試したことがある。
でも今着ていない、それはなぜか?作業着なら安くってその方がいいじゃないかという意見もありますね。僕の場合特殊体型なのかもしれませんが、オーダーで作ったはずが腕を曲げてカメラをかまえる姿勢をとってみると、脇の部分にものすごくたるみができて、なんだか血流まで悪くなる気がする。血が止まっちゃうんですよ(笑)
これってへたすると減圧症を誘発する?
さらにガボガボの部分ができて、せっかく8mmあっても水の入れ替わりが激しくって全然あったかじゃない。
 時々漁師スーツを女性が着ているケースも見かけますが、寒そうだなってみてます。女性の体形に合わせたカッティングじゃないもん。
ロクハンで体にぴったりとフィットしたきれいな立体裁断のスーツ姿の女性を見たら「おっ、かっちょいい!」って思うこともしばしばだけど、余りまくってるのは、あるいは窮屈そうな部分があるのは、ちょっとかっちょわりーと見えるのと、案外暖かくないと思うんですよね。
値段は確かに雲泥の差、安いスーツがいいって飛びつくのはいいんだけれど、ウエットスーツの場合、体に密着して動きやすくなければ意味をなさない。だから漁師スーツは一着作っただけでもう作りません。
ちなみにハンガーにかけてみるとその差が歴然とします。
いい裁断のメーカーは自分の分身がそこにいて、軽く肘を曲げたような動きのある形状を保っています。漁師スーツは鉄人28号がそこにいます。
ブランド名だけで高いよスーツ専用ブランドはという意見も聞こえてきますが、
これは比較の仕方が違うと感じています。
作業着量販店「たまゆら」(関西ローカルか?)でつり下げてあるコピーものフライトジャケットと本物のアルファ社製フライトジャケットがどちらがいいか?
その差がわかる、気になる人はアルファを選ぶでしょう。
生地や素材で考えたらナイロン85%ポリエステル、綿15%で同じかもしれませんが、
強度が必要な部分の補強であるとか、微妙なラインが違いますよね。

雨具で同じゴアテックス使ったものでもブランド品はそれなりにそのメーカーのこだわりが細部にあります。ファスナーの付け根部分や、湿気を抜くベンチレーションの仕方とかね。
写真は最近僕の提言で試作していただいているWD製のセミドライスーツ。
これになぜバルブが付いているのかとか?どうしてこんなスーツが必要なのかは来月刊行予定の新しい本の中や、このブログなど徐々に明らかにしていきますのでお楽しみに!

|

« 渚のスローフードフォトセミナー | トップページ | お誘い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにその通りです。自分にあったスーツの保温性の良さはやっぱり違う。自分より大きくて水の流れが多いとやっぱり寒いし(ちなみに私のはオーダーでこれwobblysweat01sweat01)きつすぎると減圧症が心配だし。。。
私はかなり体型が大きいからどうしてもオーダーだけど、それでも中々良いのってあるのかな??始めたお店がお店だったからかもしれないけど・・・。
いつか自分に合うスーツに出会いたいしもっと知識を増やしたいです。

投稿: はいぢ☆mio | 2008年5月17日 (土) 23時05分

はいぢ☆mioさん
自分にぴったりのスーツは快適ですもんね!
よほど厚い素材で曲がる関節部分が曲がったまま浮上すると血流を止めちゃうわけで、普通の5mmまでのスーツなら減圧症の心配はまずないと思いますよ。

投稿: フォトグ@赤木 | 2008年5月18日 (日) 09時28分

>漁師スーツは鉄人28号がそこにいます。

大笑いしてしまったっ!!
これ、でもすごくわかりますっ。
以前部屋のカーテンレールにWDのスーツを吊り下げてて暗闇でびっくりした事があります。
ホント、そこに人が宙に浮いて立ってるみたいで(^^;
その点漁師スーツは立体感がないですね。

本人が安いのが良いならそれはそれで良いんですよね。
でも値段の違いにはちゃんと理由がある。
この時期、サーファーさんやらなんやらでお手軽吊るしのスーツが目に付く季節。
それと比べて「おんなじやん、高いなぁ…」とかって言わます。
まるでウチがぼってるみたいな言い方。
モノが違うのに…なんだかなぁ~と思ってしまいます。

中途半端に情報が溢れているせいでしょうか?
安もん買いの銭失い?な人を見る事が増えた気がします。

投稿: ねこ | 2008年5月18日 (日) 13時59分

GULLのスーツってそんな素材を使ってたんですね。ちょっと、いや大変不勉強でした。両面スキンでも破れにくいのならいいですね。

投稿: サザンクロス | 2008年5月18日 (日) 16時39分

ねこさん
いいものはいい
値段の差がどこにあるのか使ってみなけりゃわからないわけで・・・
着較べないと同じ5mmで柔軟性や保温力の違い、気泡の発泡具合はわかりませんよね。

最近フルオーダーなのに背中に子供が入りそうなスーツをお店で作らされて、こんなもんですよってお店に言われたというひどい話も聞きました。ねこさんとこじゃないよね?(笑)

投稿: フォトグ@赤木 | 2008年5月18日 (日) 19時27分

サザンクロスさん
いや、これってほんとに破れないですよ
爪立てても大丈夫みたい。ウレタン皮膜はSCSなどの銀色素材と全く違います。正確に言うと片面スキンなのですが、表がこの素材のクロなら本当はそうやって使いたい!裏スキンでね。

投稿: フォトグ@赤木 | 2008年5月18日 (日) 19時31分

子供背負えちゃうスーツ?
ないないっ!
ウチぢゃそんなのオーダーしませんよ〜
子供背負った上にタンク背負って潜るテク、
持ったお客さんいないもんっ(笑)

以前、まるでモンペのように下半身でぶでぶのオーダードライのお客さんに会いました。
たまたまそれを現地スタッフに話たところそのお客さんが作ったのと同じお店のお客さんはみんなそんなドライだという事が判明。
下半身をデブらせるメリットがわからん…
てかそのウエットがまたその店だったらかなり笑える(^_^;)

投稿: ねこ | 2008年5月21日 (水) 01時18分

お店によって方針いっぱいありますね
まあいろんなダイビングスタイルがありますから・・・

いやあその背中スーツ聞いた時に
ねこさんだったら一緒に入るかなと、ふと思いまして・・・
二人羽織でインストラクターが教える。
いいんじゃない?
絶対お客をロストしないマンツーマンレッスン(笑

投稿: フォトグ@赤木 | 2008年5月21日 (水) 11時21分

>絶対お客をロストしないマンツーマンレッスン(笑

わっはっは!! ステキ! この発想(爆)
ロストしないってだけでこっちのストレス半減ですやん(笑)
変に魅力を感じてしまいますわぁ…(^^;

投稿: ねこ | 2008年5月22日 (木) 14時55分

ロンスプってどうなんですか??
最近少し気になってます。

肌が出てる分保温は低いだろうし、足の怪我も・・・
じゃあいまいちなのかな・・・
でもちょっと気になってます。
ご意見お願いします♪

投稿: はいぢ☆mio | 2008年5月25日 (日) 12時32分

はいぢ☆mio さん
ロンスプって波乗り用でしょ
全く海底につかないような環境で水温が常時高い場所なら使えるかもしれませんが、(オーストラリアの体験用ポンツーンとか)やっぱり水面使用専用ウエットとしか考えられませんね。
イマ三ですね。
ダイビングだと半分にするのは腕の袖のほうがいいでしょ。

投稿: | 2008年5月25日 (日) 16時47分

匿名さんへ

一応ダイビング用みたいなんですけど・・・。
シーガルは一応あるので悩んでいるんですが、そうですね、考え直してみます。

投稿: はいぢ☆mio | 2008年5月25日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/20997159

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビング用スーツ:

« 渚のスローフードフォトセミナー | トップページ | お誘い »