« JAPAN times | トップページ | ダイビング用スーツ »

渚のスローフードフォトセミナー

Hamaguri2「渚のスローフード」という昨年出した本がきっかけで、四国甲浦にてダイビングと地域の食に関する話やイベントをやりたいねと、甲浦のおらんくダイバーズさんとジョイント。
旬の食を楽しむと共に、日頃気にしていない食材としての水中生物を見つめてみて、ちょっと違った観点からダイビングを楽しんでみようというイベントだ。
ここで楽しんだものの一端をご披露してみると、まずはハマグリ!旬の食材ということで、ビーチでウエットスーツを着て裸足で腰までつかり、足裏の感触で探していく。
石と勘違いしながらも順次探していくと、こんな純国産蛤が見つかるのです!
日本沿岸にはチョウセンハマグリという種以外ほとんど絶滅していると聞き及んでいたのですが、ここには自然のままの純血種がいるんですね!
夜はこれを炭火で焼いて醤油も何も足さない状態でいただきました。この滋味は貝の味の常識を覆す驚きの味。Hamaguri_2 もし料亭で食べたらこのサイズ一体いくらになるんでしょう?
沿岸の砂浜が
どんどん侵食され
、消えゆく理由を考えてみれば間違いなく日本人がおこなってきた護岸工事という名の乱開発です。僕たちダイバーはこういった環境変化を目の当たりに見ることができるスタンスにいるわけで、実際に潜って見てきたことを人に伝えることができるはずです。
これは、どれだけ汚染が進んでいるとか、難しい理屈抜きで感覚的に見てきたこと、伝えたいことを第三者に、数人であろうとも伝えていけば、何かが変わってくると考えています。

この海で別の生き物を通じて、海の中の不思議と生態系の面白さを体験してきました。それはシロホシテンジクザメという深海性の鮫で、普段は300mよりも深い場所に生息。春から産卵のために浅い水深に上がってくるのですが、なぜか宍喰、甲浦のあるポイントにしか現れないらしいのです。日本国中見渡せば、同じような環境があるはずなのになぜかここで集合する不思議。産卵行動はまだ撮影できていませんが、オスメスの姿をしっかりとハイビジョンカメラで収録してきました。
このシロホシテンジクザメの行動は紀伊半島周辺以北のイシガキダイが産卵のために熊野灘のある一角に集合するのとよく似ています。
また、アカウミガメが広く太平洋を回遊し、アメリカ沿岸にまで回遊する同種の多くが日本沿岸の砂地に産卵すること、その沿岸が護岸工事や、人間が作り出す喧噪や明るさから産卵がうまく行われず、絶滅危惧種となってしまっているという事実もあります。

これが、食べる食材であるハマグリにだって同じことが言えるわけですよね。
絶滅危惧種といわれる点では純国産ハマグリもおなじ。
まず見かけることが少なくなってしまっています。チョウセンハマグリという種類のみが少ないながらも全国で採られ少ないながらも国内産として流通しています。(ほとんどが中国産)

こんな日本沿岸を変えるきっかけは、ひょっとすると有力政治家に料亭で食わすハマグリではなく、沿岸で自分の足で探って採ったハマグリの味かもしれませんね!

 

|

« JAPAN times | トップページ | ダイビング用スーツ »

イベント日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/20730935

この記事へのトラックバック一覧です: 渚のスローフードフォトセミナー:

« JAPAN times | トップページ | ダイビング用スーツ »