« 記念写真 | トップページ | お祭り騒ぎ »

育てる漁業

Iseebi_2 今の日本の漁業を支えているのは養殖といっても過言ではない。
しかしながら、持続させる資源というと面で見てみると、枯渇に向かう方向性を向いていると言わざるを得ない。
人気のコミック「美味しんぼ」という漫画の最新号でこのことについてテーマにあげているのをみた。僕なりに感じていることや今伝えていきたい方向性がそこに垣間見えて、こういったことに関心を持っていただくには漫画という媒体はすごい影響力を持つんだろうなと思っている。
 作者の方は真剣に食を取り上げようとしているのだけれど、その本質というか、根底にある部分がピンと芯が通っているので長期連載になっているのだろう。
しかしながら、バックナンバーを見ると、陸から見た取材中心のようで、水中から、海の中から見たら、また違った見え方がしている部分もあるので、こういった部分でジョイントできたら・・・協力できたらなんていう想いが少し芽生えている。
そんなの無理だとか思わずに願っていれば、いつか接点は出てきてお互い相乗効果になるようなことが起こると思っています。
 「夢想わねば願かなわじ」   好きな言葉ですが 武 豊さんも同じこと言ってますね。

さて、僕なりに見てきた海の出来事で、関連する話を一つ。
伊勢エビは非常に高価で、多くの漁師が冬になると一攫千金を頭に描いて毎夜エビ網を仕掛けに行く。だいたい紀伊半島だと11月~よく年の5月くらいまでほぼ毎日、時化(しけ)ない日は思い思いに網を仕掛け続けている。
だんだん漁獲高が落ちて今ではエビ網自体が衰退の一途に向かっていると聞いたが、こういった部分はちょっと目先を変えるとずいぶん変化が起こるものなのだ。
和歌山県串本町の一部の漁協は、このエビ網漁を全組合員で見直し、エビ網を入れるシーズンを年間に非常に短期の二回に限定。
入れる人員も漁協で選出した人のみが行ない、全組合員が均等に水揚げを分配するようにしたそうだ。
すると当初の数年は変化がそれほどなく、漁獲高は低迷したままだったが、4~5年後から漁獲高が向上。今では年末年始に全組合員に分配してそれぞれ80万前後の水揚げが2度行なわれるようになっているという。
驚くべきは今年の1月に見た光景。
この漁協で昼ごろ伊勢エビを一匹一匹計量して船に積み込んでいるではないか。
聞けば、これから余剰分を海に放流に行くのだという。
その重量なんと700Kg!
1kgあたり5000円だから売ればいくらになるか・・・
でも海に還すことで翌年からの安定供給が見込める。
一時的に豊漁だからと乱獲に走ると、値段も下がるし、しっぺ返しが来るのは今までの昭和からの歴史でたっぷりとわかっているはず。

こんなことを著書の最新刊「渚のスローフード」に書いています。
興味を持っていただければ幸いで、もし読む機会があれば、知り合いとのちょっとした会話で話題にしていただきたい。
そうすれば少しづつでも、水産資源の保護、われわれの食が変わっていくのではと思ってもいるのです。

海は広く大きく、うまく有効活用すれば、われわれ日本人が食べる蛋白源の大部分を購えると思っています。沿岸の開発方法と漁業の見直し。今こそやるべき時期なんですがね・・・
写真は伊勢エビの刺身
うまいよねえ!
国内外、マグロもタイもブリも車海老…(ちょっと違うがバナメイエビ、ブラックタイガー)も同じ。
こういった高級食材を広く一般の人たちに年中、いかに安く供給できるかといったことばかりにあまりにも向かいすぎたんじゃないでしょうか?

特定の高いものを養殖で増やそうとすると自然の中では絶対ひずみが生じます。
杉林の植林も同じですよね。!!

今の時期なら安くておいしいアジやサンマ、イワシやサバ
旬というのを今一度日本人は思いださなきゃいけないんじゃないかな?



|

« 記念写真 | トップページ | お祭り騒ぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自己レス宣伝モードですが、アマゾンから中身検索というのができるようになりました。
僕の本の内容、一部がご覧いただけます。
気になったら、右下クリック!

投稿: フォトグ@赤木 | 2007年11月27日 (火) 21時07分

和尚さんの所でお見かけしたので、早速本をアマゾンで^^;
買いました。
石垣の海カメはまだ未経験、是非試したいです。
呼子のイカは去年初めて食べましたが、、絶品ですね。。
あ、感想になってませんね(笑)

投稿: かおりん | 2007年11月27日 (火) 22時22分

かおりんさん
ありがとうございます。
ホタルイカのところとかも漁獲方法についてちょっと問題提起してみています。

おいしいとか、おいしそうという感想もありがたいです。まずはそこから!

投稿: フォトグ@赤木 | 2007年11月28日 (水) 09時16分

よく漁業資源の枯渇が取りざたされていますよね。
取れる分はいくらでも取りたい、人間の悪い部分だと思います。
日本に売るために、世界中の水産資源が集まって
そのうち世界中で魚が取れなくなるんじゃないかと心配です。

串本町のの漁協の取り組み、
いろんなところに広がっていって欲しいものです。

投稿: Dory | 2007年11月28日 (水) 11時48分

Doryさん
串本町の一部の漁協が取り組んでいるだけで実をいうと、串本町のエビ網の8~9割は残念ながらいまだに11月から4月末まで毎日入れててダメになってるのです。
漁協名が出せないのも、どこと特定してしまうと外部から密漁者が大挙してくるというありさまなのです。悲しいですが・・・
資源保全のためには今の漁業形態もある程度の制限が必要でしょうね。
多くの諸外国のようにレンジャーみたいなシステムも本当は必要なのかも知れません。
日本の場合は海中公園法というのが1970年に制定されていますが、残念ながら他には漁業調整法は細則として地域地域の行政に任されているんですよね。
儲かってる人は乱獲した人。
これは今とっちゃダメっていうのをやらないと結局多くの漁師さんの首を絞め続ける気がします。

投稿: フォトグ@赤木 | 2007年11月28日 (水) 14時26分

石垣に行ったので、海カメを食べさせてくれるらしい居酒屋に行きましたが・・・夏だけみたいです。
育てる漁業には、海カメは関係してはいないと思いますが・・・^^;

投稿: かおりん | 2007年12月11日 (火) 21時34分

かおりんさん
著作には書いてるんですが、7月周辺の産卵期は捕獲しません。僕が聞いた話では
獲れたときにメニューになると言ってた気が・・・

投稿: フォトグ@赤木 | 2007年12月11日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/9141356

この記事へのトラックバック一覧です: 育てる漁業:

« 記念写真 | トップページ | お祭り騒ぎ »