« 新型 | トップページ | 史上最大の作戦 »

減圧症を防ぐために

Kama1「減圧症を防ぐため魚食を推進する会」というのをHP上で昔作っていた。

減圧症と魚食?
どういう相関関係が?
と初めて聞く方々は思うはず。
改めて前回のダイコンネタに引き続いて書いてみたくなりました。
またもや長くなります。

興味のない方は無視してください。

エスキモーやイヌイットたちは極寒の地で野菜がない状態でアザラシなどの生肉からビタミン類を摂取して壊血病などから身を守ってるわけですが、驚くほどの獣性脂肪の塊でもあるわけです。メタボリックの極みになりそうな…
ところが、彼らは心筋梗塞や、脳血栓などの血管内のコレステロール蓄積によるトラブル疾患が皆無らしい。  なぜ?Why?
と気になったカナダの学者が調べ出してみると、同時に摂取しているEPA,DHAといった不飽和脂肪酸をも摂取しているから血管内の悪玉コレステロールが洗い流され、血管の硬化や血行障害を引き起こす要因が排除されているからという結論に達したらしい。

話をダイバーに置き換えてみると、体組織の中で血液や体液、脂肪に窒素は最も溶けやすく、よく水をしっかり摂りましょう、ということは言われますが、水分摂取以外に血管内のコレステロールの蓄積状態も影響はきっとあるはず。
血管内の流れを見せる映像などで、血栓に近い方の流量、狭くなった経路、などをよく見ますが、これによる影響がないとは言えない筈です。
さらに流れる血液の状態も、サイレントバブルスという見えないぐらいの溶け込んだ小さな窒素の泡は、核があってはじめて形成されるらしいのですが、この核になるのが炭酸ガスが主とかいう話ですね。つまり運動量が増えたときほど微細な泡の形成が起こる。(この泡自体は小さければ(サイレントとかマイクロとか呼ばれる)血行障害には繋がらないことから影響は少ないとされてきました。

これがボコンと大きくならない限りは血栓につながらないはずだというのが
ダイブコンピューターのプログラムの基本にあります。
一番わずかな距離で圧力差が大きくなる水面近くの急浮上をしない、上がってから激しい運動を避ける。サウナなどに入らない。
というのはサイレントを活性のある大きな気泡に変えてしまうからです。

そこそこ大きくなった、あるいはなりそうな溶け込んだ窒素ガスにとって血管の収縮率を悪くし、経路が狭くなった状態よりも、通り道が広い、伸縮もしっかりする状態の方がいいのは素人考えでも明らかです。
また、血液自体もドロドロ状態よりはサラサラ状態の方がいいはずです。
エスキモーやイヌイットは青魚を採ってEPA、DHAを摂取しています。
つまり、油ギトギトの獣肉でも青魚を合わせてとれば、毛細血管の血栓を引き起こしにくくなるのではないかというのが、僕の働きが今イチの頭に浮かんだ訳です。

で、自分の周りで減圧症にかかってしまった人たちの食生活を聞いてみると、肉好きが圧倒的に多いことが判明。魚が大嫌いだとか…パラオの現地ガイドや、ガイド&インストラクター、知り合った減圧症罹患者中心に聞いた話なので正確に統計を取ったわけではないのですが…

ひょっとすると結構厳しいダイビングをしている僕が健康でいられるのも、
魚食生活が人より多いからではないのかなとも思っています。
もちろん焼き肉もホルモンも大好きですよ。でもメタボくんにさほどなっていないのは体質もあるでしょうが、海辺など青魚食べる比率も多いからでしょう。血液検査すると若干赤血球数が一般の人より多いぐらいで、すべての数値が見事なぐらい正常値なのに驚かされます。

なにも魚だけ食べたらいいわけではないのです、要はバランスよくですが合わせて食えばさかなくんは偉いのです。海産物を食べましょう!てな訳で本の宣伝もさりげなく…
右下の刺身アイコンクリック!(笑)

昨日はEPA・DHAの宝庫マグロのカマをまた焼いてしまった訳です(上の写真)
皆さんはどう思われますか?

|

« 新型 | トップページ | 史上最大の作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

魚食にしてもバランスのよい食事ということですよね
私もコレステロールが高い(遺伝性?)ので気をつけないと…
医療従事者のわたしにとっても、すごく参考になりました。

投稿: ラヴラヴ | 2007年7月29日 (日) 12時03分

ラヴラヴさん
減圧症を防ぐために魚食を推進する会に
ご入会ください(笑)
会費はありません。

投稿: | 2007年7月29日 (日) 12時07分

はじめまして
mixiのトピみてやってきました~
本日の夕食 偶然にもブリカマの塩焼きでした^^;

最初「減圧症予防に青魚!?」なんのこっちゃ?
と思いましたが。
なるほどこういう考えなんですね。

食という観点からのアプローチ面白いですね。

投稿: ぶん | 2007年7月29日 (日) 19時25分

ぶんさん
いらっしゃいませ
コメントありがとうございます。
そういうことなんです。

長いんでこっちに書きましたが…
ブリカマもうまいですよね!

投稿: フォトグ@赤木 | 2007年7月29日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437000/7314612

この記事へのトラックバック一覧です: 減圧症を防ぐために:

« 新型 | トップページ | 史上最大の作戦 »